大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版
はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 資料 | 2016年版での主な改訂点

2016年版での主な改訂点

以下に,『大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版』における,2014年版からの主な改訂点を示す。
※詳細は,本文の該当箇所を参照のこと。
※以下に示した点以外に,文献の変更やUpdateが行われている。

5 化学療法

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
28ページ本文大腸癌に対する適応が認められている抗癌薬に,経口剤:trifluridine-tipiracil hydrochloride(TAS-102),注射薬:ramucirumab(Rmab)を追加した。

1)補助化学療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
28ページ適応の原則「白血球>3,500/mm3」から「好中球≧1,500/mm3」に変更した。
28ページ適応の原則「Stage Ⅳ切除例はCQ8参照」という文言を追加した。
28ページ推奨される化学療法「推奨される療法」から「推奨される化学療法」に変更した。
29ページ推奨される化学療法S-1を追加した。
29ページコメント①コメント①の文章を簡潔にした。
29ページコメント③「直腸癌に対する術後補助化学療法に関するエビデンスは少ないが,より術後補助化学療法のエビデンスが多い結腸癌に準じて行う」という文章を追加した。
29ページコメント④術後補助化学療法の前に,「結腸癌・直腸癌(Rbを除く)に対する」という文章を追加した。文献も追加した。
29ページコメント⑤ACTS-CC試験,JCOG0910の記述と文献を追加した。
29ページコメント⑥JFMC33-0502試験の記述と文献を追加した。
29ページコメント⑦記述を一部変更した。JFMC41 1001 C2:JOIN試験の記述と文献を追加した。
30ページコメント⑧記述の一部修正,変更をした。また,文献を追加した。
30ページコメント⑨記述の一部修正,変更をした。また,ACTS-RC試験の記述と文献を追加した。

2)切除不能進行再発大腸癌に対する化学療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
31ページ本文3行目約2年から約30カ月に変更した。文献を追加した。
31ページ本文10~20行目強力な治療が適応となる患者,強力な治療が適応とならない患者の定義,説明を修正,変更した。
31ページ本文21行目KRAS野生型からRASKRAS/NRAS)遺伝子野生型に変更し,文献を追加した。
31ページ適応の原則白血球>3,500/mm3から好中球≧1,500/mm3に変更した。
32ページアルゴリズム新たなレジメンとして,一次治療にSOX+Bmab,FOLFOXIRI+Bmab,UFT+LV+Bmab,S-1+Bmab,Cmab/Pmabを追加した。二次治療にIRIS+Bmab,IRI+Bmab,SOX+Bmab,FOLFIRI+Rmabを追加した。三次治療以降にTAS-102を追加した。
33ページ一次治療SOX+Bmabをレジメンに追加,注釈と文献も追加した。
FOLFOXIRI+Bmabをレジメンに追加,文献も追加した。
UFT+LV+Bmab,S-1+Bmabをレジメンに追加した。
Cmab/Pmabに追加,文献も追加した。
34ページ二次治療FOLFIRI+Rmabをレジメンに追加,文献も追加した。
IRIS+Bmabをレジメンに追加,注釈も追加した。
IRI+Bmabをレジメンに追加した。
SOX+Bmab,FOLFOX+Cmab/Pmabをレジメンに追加した。
34ページ三次治療以降TAS-102をレジメンに追加,注釈と文献も追加した。
36ページコメント④代謝酵素としてUGT1A1と具体的に示した。
36ページコメント⑤⑥強力な治療が適応となる患者,強力な治療が適応とならない患者の治療としてCmab/Pmabを追加,文献も追加した。
36ページコメント⑧Rmab,RAISE試験に関する記述と文献を追加した。
36ページコメント⑩TAS-102,J-003試験およびRECOURSE試験に関する記述と文献を追加した。
37ページコメント⑫RASKRAS/NRAS)遺伝子検査に関する記述,文献を追加した。
37ページコメント⑬BRAFV600E遺伝子変異に関する記述,文献,TRIBE試験に関する記述,文献を追加した。
37ページコメント⑭MSI-high大腸癌に関する記述,文献を追加した。

6 放射線療法

1)補助放射線療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
40ページコメント①術前照射(10)Capeの承認に伴い,一部を削除し記述を追加した。

Clinical Questions

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
旧CQ16-1,16-2内容変更に伴い削除した。
65ページCQ16-1一次治療の分子標的治療薬に関するCQとして記述。
66ページCQ16-2二次治療の分子標的治療薬に関するCQとして記述。
67ページCQ16-3三次治療以降の後方ライン治療のCQとして記述。

以上

はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 資料 | 2016年版での主な改訂点
このページの先頭へ


お問い合わせ・事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
電話03-3263-8697
FAX03-3263-8687
E-mailjsccr@secretariat.ne.jp
業務時間平日9時-18時