トップページ > 大腸癌研究会について

大腸癌研究会について

 大腸癌研究会は、大腸癌の診断・治療の進歩を図ることを目的として1973年に設立された、日本の大腸癌の研究・診療を牽引している研究会です。
 大腸癌に関するさまざまな研究を行い、治療ガイドラインや取扱い規約を作成しています。また、全国の大腸癌の研究・診療に従事している方々、さらに一般の方々への情報発信にも力を入れています。

会長挨拶

大腸癌研究会会長・渡邉聡明よりご挨拶です。

研究会概要

沿革

会則

会則施行細則

参加施設一覧

大腸癌研究会に参加している医療機関を地域別にお示ししています。

このページの先頭へ