大腸癌治療ガイドライン 医師用2014年版
【2014年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 資料 | 2014年版での主な改訂点
【2010年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 2010年版での主な改訂点
【2009年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 2009年版での主な改訂点
【2005年版】 総論 | 各論Ⅰ | 各論Ⅱ

2014年版での主な改訂点

以下に,『大腸癌治療ガイドライン医師用2014年版』における,2010年版からの主な改訂点を示す。
※詳細は,本文の該当箇所を参照のこと。
※以下に示した点以外に,文献の変更やUpdateが行われている。

1 Stage 0~Stage III大腸癌の治療方針

1)内視鏡治療
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
12ページ内視鏡的摘除の適応基準記載内容を変更した。
13ページコメント④保険収載されたESDについて追加記載し,分割切除のコメントを変更した。

2)手術治療
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
16ページコメント〔括約筋間直腸切除術〕に関する記述を追加した。
17ページコメント〔直腸局所切除〕に関する記述を変更した。

3 再発大腸癌の治療方針

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
20ページアルゴリズム全身化学療法・局所療法後の外科切除に関して追加した。

4 血行性転移の治療方針

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
22ページアルゴリズム全身化学療法・局所療法後の外科切除に関して追加した。

5 化学療法

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
28ページ本文大腸癌に対する適応が認められている抗がん剤に,経口剤:regorafenibを追加した。
また,抗がん剤の略称を一部追加・修正した。

1)補助化学療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
28ページ推奨される療法推奨される療法にCapeOXを追加した。
29ページコメント④OXを併用する際の注意事項を追加した。

2)切除不能進行再発大腸癌に対する化学療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
30ページ本文9~17行目強力な治療が適応となる患者とならない患者に分けて定義を追記した。
30ページ本文18行目Cmab,PmabがKRAS野生型のみに適応されることを明示した。
30ページ本文19~21行目分子標的薬が適応になる場合には化学療法との併用を推奨する旨,分子標的薬が適応にならない場合には化学療法単独を推奨する旨を追記した。
31ページアルゴリズム強力な治療が適応になる患者とならない患者に分けてアルゴリズムを示した。
31ページアルゴリズム分子標的薬が適応になる場合には化学療法との併用を推奨する旨,分子標的薬が適応にならない場合には化学療法単独を推奨する旨を追記した。
32ページ一次治療FOLFOXIRI,Cape+Bmabをレジメンに追加した。
32ページ二次治療IRIS,IRI,CapeOX+Bmab,IRI+Pmabをレジメンに追加した。
32ページ三次治療以降記載を追加した。
34ページコメント⑦FOLFOXIRIに関する記載を追加した。
35ページコメント⑨regorafenibに関する記載を追加した。

6 放射線療法

1)補助放射線療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
37ページコメント①直腸癌術前照射に併用する化学療法に関する記述を追加した。
38ページコメント④〔併用療法〕にCapeを追加した。

2)緩和的放射線療法
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
40ページコメント②骨転移に対する推奨治療に関する記述を追加した。

8 大腸癌手術後のサーベイランス

1)大腸癌根治度A切除後の再発に関するサーベイランス
ページ改訂箇所改訂内容の要旨
43ページ本文1~2行目pStage 0症例に対するサーベイランス内視鏡の記述を追加した。

Clinical Questions

ページ改訂箇所改訂内容の要旨
48ページCQ 1SM浸潤度1,000μm以深大腸癌の追加腸切除基準について,記載内容を変更し,「リンパ節郭清を伴う腸切除を考慮する」という意味について詳細な説明を加えた。
53ページCQ 3保険適応となったESDに関するCQを追加した。
53ページCQ 4「結腸癌およびRS癌に対するD2以下の腸切除,すなわちcStage 0~cStage Iがよい適応である」の一文を削除した。
54ページCQ 4単孔式手術,ロボット手術に関する記述を追加した。
54ページCQ 5「原発巣による症状がない場合の原発巣切除の有用性は確立されていない」を追加した。
54ページCQ 5姑息的原発巣切除に関するメタアナリシスを追加した。
55ページCQ 6異時性腹膜播種の切除に関する記述を追加した。
56ページCQ 8遠隔転移巣切除後の補助化学療法に関するCQを追加した。
 旧CQ 8CQ 8の追加に伴い削除した。
58ページCQ 11引用の臨床試験の結果を更新して記述した。
58ページCQ 12肝転移に対する熱凝固療法に関するCQを追加した。
 旧CQ 14本文内容追加に伴い削除した。
61ページCQ 16-1
CQ 16-2
bevacizumabに関するCQと抗EGFR抗体に関するCQに分けて記載した。
62ページCQ 17肝転移に対する肝動注に関するCQを追加した。
63ページCQ 19切除を指向する場合と症状緩和を目的とする場合に分けて記述した。
65ページCQ 20-1欧米ガイドラインのサーベイランスに関する表を追加した。
66ページCQ 20-2多重がん(多発大腸癌および他臓器がん)に関するCQとして内容を広げて解説した。

以上

【2014年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 資料 | 2014年版での主な改訂点
【2010年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 2010年版での主な改訂点
【2009年版】 はじめに | 総論 | 各論 | Clinical Questions | 2009年版での主な改訂点
【2005年版】 総論 | 各論Ⅰ | 各論Ⅱ
このページの先頭へ


お問い合わせ・事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
電話03-3263-8697
FAX03-3263-8687
E-mailjsccr@secretariat.ne.jp
業務時間平日9時-18時