トップページ > プロジェクト研究 > 活動中のプロジェクト研究 > 卵巣転移、鼠経リンパ節転移の取り扱い

卵巣転移、鼠経リンパ節転移の取り扱い

絹笠 祐介(静岡県立静岡がんセンター 大腸外科)

活動要旨

 卵巣転移は、大腸癌取扱い規約(規約)において腹膜転移P2に含まれるが、卵巣転移の機序は明らかではなく、P2に分類することの根拠となるデータは示されていない。また、鼠径リンパ節は、規約第7版では肛門管癌の中間リンパ節にとして扱われているが、規約第8版ではその記載が削除されている。一方、TNM分類(第8版)では鼠径リンパ節は肛門管癌の所属リンパ節になっている。

 本プロジェクト研究は、多施設後向き研究とし、参加施設より卵巣転移、鼠径リンパ節転移の症例を集積することにより、以下の点を明らかにすることを目的とし、その結果から規約改定へ提言を行う。

1.卵巣転移、鼠径リンパ節転移の臨床病理学的特徴と予後
2.卵巣転移、鼠径リンパ節転移に対する外科的切除の意義
3.卵巣転移を腹膜転移P2と分類することの妥当性
4.肛門管癌における鼠径リンパ節転移の規約における位置づけ

このページの先頭へ


お問い合わせ・事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
電話03-3263-8697
FAX03-3263-8687
E-mailjsccr@secretariat.ne.jp
業務時間平日9時-18時