トップページ > プロジェクト研究 > 活動中のプロジェクト研究 > 直腸癌手術における適切なDMとRMに関する多施設前向き観察研究

右側結腸癌のリンパ節郭清に関する研究

山口茂樹(埼玉医科大学国際医療センター 消化器外科)

活動要旨

 大腸癌取扱い規約では動脈に基づいたリンパ節マッピングやリンパ節郭清が提唱され、リンパ節転移の検討やリンパ節郭清の評価に大きな役割をはたしてきた。その一方で右側結腸癌ではSurgical trunkとよばれる静脈中心の郭清が行われてきた経緯があり、取扱い規約との乖離がおこっている。

 そこで今回、盲腸癌、上行結腸癌の根部リンパ節転移陽性症例やリンパ節再発症例を多施設からの症例集積により検討し、詳細なリンパ節転移部位の実態の解明、および至適リンパ節郭清範囲の検討、さらにはわかりやすく現実に則したリンパ節分類の作成を目的とした研究を行う。

このページの先頭へ
お問い合わせ・事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
電話03-3263-8697
FAX03-3263-8687
E-mailjsccr@secretariat.ne.jp
業務時間平日9時-18時