第19回

鋸歯状腺癌
serrated adenocarcinoma;SAC

志田 陽介(獨協医科大学第一外科学・病理学) ほか

1.鋸歯状構造

 鋸歯状腺癌を診断する上で最も重要な所見の一つである。癌表層では,このような鋸歯状構造を呈するが,先進部では粘液の産生があり,粘液癌様の所見を呈する。

上皮の鋸歯状化が認められる。
aの強拡大像

a:上皮の鋸歯状化が認められる。
b:aの強拡大像。

2.粘液癌領域における特徴的な所見

 腫瘍先進部では,粘液癌となり,その部分に球状(cell balls)もしくは乳頭状(papillary rods)の細胞成分が認められる。

cell balls
cell balls
papillary rods
papillary rods

a,b:cell balls
c,d:papillary rods

3.小腸癌

 小腸においても, 鋸歯状構造や粘液癌といった所見が認められる症例もある。

鋸歯状構造が認められる。
浸潤部では,粘液癌が認められる。

a:鋸歯状構造が認められる。
b:浸潤部では,粘液癌が認められる。

4.sessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)

 鋸歯状腺癌の前癌病変として考えられている病変である。寸胴型や逆T字型・L字型腺管が特徴である。

逆T字型腺管が認められる。
aの強拡大像。

a:逆T字型腺管が認められる。
b:aの強拡大像。

5.SSA/P 診断基準

このページの先頭へ


お問い合わせ・事務局
〒102-0075
東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
電話03-3263-8697
FAX03-3263-8687
E-mailjsccr@secretariat.ne.jp
業務時間平日9時-18時